リリィのブログ

リリィが英会話とワーホリをわっかりやーすく教えるブログだよ。

リリィの英語をわっかりやーすく教えるブログだよ。

【留学生必見!!】海外にコレだけは持ってけ!日本にあって海外にない持ち物まとめ

こんにちは♪
Lilyです♡
 
 
海外に行く時に「忘れてはいけないもの」があるのはご存知でしょうか。
 
パスポート財布スマホ・・・はよく言われますね。 
 
ですが、「日本にあって、海外にはないもの」これも忘れてはいけないものです。
 
そして「え、コレがないの!?」という、意外と盲点な物が多いです。
「まじかぁー・・・持ってくればよかったぁー」と現地で気付いて嘆くことのないよう、しっかり準備しておきましょう^^
 

https://www.instagram.com/p/BaEWPMVlLfp/

 

 

生活必需品は意外と海外に普通にあるが・・・

 
海外に行くための持ち物ですが下着や服、タオル等は
まぁ・・・分かるかもしれません。
 
そしてあなたが思う以上に現地に必要最低限の物は売っています。
なので「荷物を軽くして、現地で買い揃えたい」という人はそれでも全く問題ないでしょう。
 
ですが、生活必需品を細々買っていると思いの外お金がかかるのも事実です。

f:id:lily__365:20171013150417j:plain

 
更に言うと、現地ブランドを知らないので買ってみたらありえないぐらい低品質だった、ということも経験しました。
 
ヒリヒリする洗顔とか、
泡立たないボディソープとか、
洗ったら髪がナイロンみたいになる
シャンプーとか。
 
日常生活で必要な物は持っていて損は無い
というのが私の感想です。
 
 

案外気付かないのが「盲点」な荷物 

「持ってくればよかったなー」
と後悔したもの、
 
「現地で探すけどドコにも売ってない!」
「帰国したら次は絶対に持ってこよう・・・」
と思うもの。
 
持ち物リストアプリにも載ってないところを
今回は重点的にせめていきます。

f:id:lily__365:20171013151049j:plain

 
あなたが既に海外にいる場合、
もしかしたらこの章は必要ないかもしれません。
 
読んでいて、
「この国は、これもあったら便利だったよ」
というものがありましたら
教えてください。
 
今まで十数ヶ国の国々で過ごした
私の経験を元に
今日は書いていきます。 
 
 
 

あって正解だったもの

個人的に
「持ってきてよかった・・・」
と思うものです。
物干しハンガーロープー/S字フック
f:id:lily__365:20171010221420j:plain 
 
部屋によっては、
クローゼットが狭すぎたり、
「ハンガーを掛ける場所が欲いな」
と思うことがあります。
 
そんな時に、
かなり役に立ちました。
大して場所も取らないので
おすすめです。
 
パーティ用のワンピース/靴
(男性もちょっとおしゃれな服を1着)  

f:id:lily__365:20171010221635j:plainf:id:lily__365:20171010221649j:plain

 
 
 
アジア圏だと
あまり必要ないかもしれませんが
 
オーストラリアやアメリカ、
欧米圏に行く人は
特に持っておいた方が良いでしょう。
 
クラブに出かけたり、
ドレスコードのあるレストランだったり。
あなたが男性であったとして、
「きれいめ」であれば大丈夫です。
 
変換プラグ(変圧は不要)

f:id:lily__365:20171013151800j:plain

変圧器は、後述しますが
ぶっちゃけあんまり使いません。
 
 
それよりも、買うのであれば
「変換プラグ」を買っておきましょう。
 
現地にも売ってるのですが、
現地のものだとプラグ(挿込部分)がでか過ぎて、隣のコンセントの穴まで潰してしまう、という(不毛な)設計になっていたりします。
 
プラグだけなら、日本の電気屋さんで
かなり安く売っています。
最低2つは持っておきましょう。
 
食器系
 
・箸(アジア圏なら不要)
・タッパー(パッキン付)
・魔法瓶付きタンブラー(寒い地域に行くならおすすめ)
 
 

f:id:lily__365:20171010222234p:plain

(※画像はイメージです)
 
箸は、中国・韓国等アジア圏に行く場合は
要らないかもしれません。
 
タッパーは
自炊をする場合かなり役立ちます。現地で買うと、漏れたりするので。
 
タンブラーは、暖かいものを飲む場合にかなり使えます。
小さくていいので持ってると便利。
 
食べ物系
・日本のお菓子
・ほんだし
・コンソメキューブ
・エコ袋(普通のビニール袋でも可)
・カレールウ
 
 

f:id:lily__365:20171010222732j:plain 

(※画像はイメージです)
 
彼らは、かなり優秀です。
海外でもお菓子は買えますが、
やっぱり日本のお菓子は美味しい。
 
コンソメ、ほんだしは、
アジアンショップに行けば買えますが
わざわざ現地で2倍の値段で買わずとも、
余ったスペースに突っ込めば済みます。
 
カレールウですが、
日本のカレーは海外では(ほとんど)売ってません。
 
「物を買うお金がなくなったら
ルウだけ溶かして食べよう」などと
アホな心配をして入れた物でしたが、、
 
現地で食べると、
日本を思い出して幸せになれます。
 

エコ袋ですが・・・折りたためてよろしい。

私は、そのままカバンに入れて手さげ代わりに使っています。

 

日本からのお土産

f:id:lily__365:20171013152106p:plain

 
100均の物でも、
駄菓子屋に売っている日本のお菓子でも良いです。
外国人との話題作りに役立ちます。
 
私は『永谷園の卵で作れる料理シリーズ』
100均の日本っぽい付箋を持っていきました。
 
「それとなく日本っぽいもの」であればOKです。
 
 
 

別にいらなかったもの(Lilyの個人的見解)

暇つぶしの本
・・・暇なんてありませんでした。
 
大量に本を持ってくる人がいますが、
できたらスキャンをして
携帯やiPod、PCに
入れておくと良いでしょう。
 
単語帳は紙ベースが
良いでしょうから、例外として。
 
こいつらがかなり重いのです。
あと場所もとる。
 
普通の参考書であれば、
スキャン業者に依頼して、
電子書籍化しましょう。
 
 
日本のドライヤー
一度、フィリピンで
日本のドライヤーを使ったら
変圧器をもってしても、壊れました。
 
海外対応のものであれば、
大丈夫でしょう。
 
バスタオル
いりません。
普通のサイズのタオルの方が使えます。
 
 

どこにも見当たらない!
これは持ってきたほうが良いもの

 
日本にあって、海外に無いもの。
 
あります、けっこうあります。
同じようなものがあったとして、
高いか、すぐに壊れるかのどちらかです。
 
とりあえず、
ダイソーさんすごい。
シドニーにダイソーは有りましたが、
それ以外のアジア10ヶ国にはありませんでした。
 
それと日本の調味料は
洗練されています。
「さすが、日本」
とでもいいましょうか。
 
では。一緒に見ていきましょう。
 
ウェイパー(味覇)

f:id:lily__365:20171013152725j:plain

 
これは・・・
アメリカ、カナダ、オーストラリア、
イギリスには置いていません。
 
数週間でしたら問題ないのですが、
数ヶ月〜半年の留学でしたら、
持っていきましょう。

何しろ、超万能なのです。
 
私は、これを持っていなくてとても後悔しました。



魔法瓶付タンブラー

f:id:lily__365:20171013154202j:plain

 

これは重宝します。
海外製のものは、
漏れる・保温がきかない・重い
・・・良いことナシねー。

 

多機能ハンガー、多機能フック

f:id:lily__365:20171013154317j:plain

 

 

ダイソーさんで購入。

多機能ハンガー
多機能フック
 
このあたりは、
場所を取らないので
持ってて損はありません。
 
 
 
 
ファスナーリンク
 
500円ぐらいで買えます。
アマゾンでも空港でも売っていますが
かなり使えます。
 
 
​​一瞬では開けられない仕組みです。
でも、やり方さえわかれば、
持ち主は超簡単に開けられます。
 

f:id:lily__365:20171010233956j:plain

 
 

f:id:lily__365:20171010234020j:plain

 
去年ベトナムの市内バスで
スリに遭いかけましたが、
このホルダーが守ってくれました。
 
どこの国でも、
繁華街を歩く時
リュックのファスナーには
特に気をつけて下さいね。
 
物を盗まれると、当然ですがかなり悲しくなります。
でも、後の祭り。その虚しさがなんとも言えず辛いです。
 
文房具/ノート

f:id:lily__365:20171013154451j:plain

海外で買うと、
書き味の悪さに衝撃を受けるでしょう。
 
ジェットストリームのボールペンの凄さ。
クルトガ/αゲルシリーズの高機能さ。
mono消しゴムの消し具合、
ノートの紙質。
 
100円のボールペンでも、
さして障害なく使えるのは
凄いことなんです。
 
文房具は
一式持っておきましょう。
 

現地で買うと、高い上にたまに失敗するからあると安心なもの

 

 

日焼け止め(SPF50/ウォータープルーフ)
 

f:id:lily__365:20171013154546j:plain


日本製のがやっぱりすごい。
女性のあなたは、
SPF20-35ぐらいの日用レベルのも
持っておくと安心です。
 
男性のあなたも、
ひとつは持っておきましょう。
 
肌を焼きたいからと
何も塗らずに海に行ってしまうと
やけど並みに真っ赤になって
大変なことになります。
 
Lilyの経験上、
海外の日焼け止めは即落ちます。
または、肌が超荒れるか。。
 
《女性のあなたへ。》
メイク道具は、しっかり持っていきましょう。
現地で買おうとなると、
質もわからない上にけっこう高かったりします。
韓国は例外かもしれません。
 
 
 
 

 

・化粧水/保湿液
日本製のものもありますが、
値段が数倍に跳ね上がります。
例えば、コレ⇓⇓
 
f:id:lily__365:20171010234745p:plain
 
日本のドラッグストアで売っていますね。
確か800-1200円ぐらい
だったと思います。
 
これが現地の日本ショップに行くと
4000円(!?)になります。
 
現地に慣れてどれがいいか
情報収集するまでの間
とりあえず持っていて
損はありませんでした。
 
 

コットン

 

f:id:lily__365:20171013154900j:plain

コットン自体はありますが・・・
「めくれるコットン」などの
高機能シリーズはありません。
 
コットンのゴワゴワが嫌いな人は、
持っていっても良いかもしれません。
 
私はジップロックに
詰めて持っていきます。
 
 
 

終わりに

こうしてみると、「人によって持っていくべきものが分かれてくる」ことがわかりますね。
 
あなただったら
この中から何を選びますか??

f:id:lily__365:20171013155059j:plain

 
あなたの手帳(ノート)にメモしておきましょう^^
 
 
 
今日も読んでくださってありがとうございました♡
 
Lily♡

こんな記事もおすすめ

lily365.hatenablog.com 

lily365.hatenablog.com

 

lily365.hatenablog.com