リリィのブログ

リリィが英会話とワーホリをわっかりやーすく教えるブログだよ。

リリィの英語をわっかりやーすく教えるブログだよ。

英語初心者向けに英文日記の書き方を解説してみた

 こんにちは!Lilyです♡

 

まずは自分で英文を作ってみたいという人へ

f:id:lily__365:20170929174822j:plain

 

「英語、しゃべりたいなー」


と思ってるけど、ハードルが高いから
まずは一人で英文を作ってみるところから始めたい。

 

そう思っている人もいるでしょう。

 

「日記書いてみようか、でもどうやって書けばいいの?」

「本当にこれで英語力伸びるだろうか・・・」

 

・・・英文日記。
方法は、人それぞれです。
ただやり方によっては、

 

普通よりもスイスイ伸びる方法

 

辛くなってしまう程
ハードな方法
もあります。

 

「できたら、ゆるく続けられる方法が知りたい」
「それでもって、可能ならちょっと近道が知りたい」

 

f:id:lily__365:20170929174826j:plain

 

そんなあなたのために今日は、
英語初心者向けの英語日記の書き方

について説明したいと思います。

 

書く順番

 

①日付

②天気

③やったこと

 

・・・正直、何を書いてもいいです。
日記ですから。

でも敢えてあげるなら、こんな感じです。

日付は「月」や「日」「曜日」などの練習になりますね。
天気も、調べると色々出てきます。

 

 

そこであなたに、

日記長続きさせるため秘訣4伝授しようと思います。

 

 最初は簡単な文章から始めましょう

f:id:lily__365:20170929182349j:plain


1文でもいいので
「とりあえず書いてみること」
が大事です。

I am hungry(お腹減った)
だけでもいいのです。

 

スポーツや何か習い事をしていた人はわかると思いますが、
最初は基礎から始めますね。

 

とにかく数をこなします。
そして簡単。

でも、
それが一番重要なことですね。
日記も似ています。

 


参考程度に、

私が初めて英文日記を書いてみたのは
14歳、中学2年生の頃です。

 

先日実家に帰った時に見返したのですが
「NOOooooo!!!」とか書いていました。
でもそれでも、楽しかったので続きました。

 


楽しさ重視
f:id:lily__365:20170929182809p:plain

 

1回きりの超大作を作るよりも
最初はたった1文だけを書いて

徐々に書き方を掴んでいった方が
圧倒的に伸びます。

 

書く時に「面白いって何ていうのかな」
と「?」マークが浮かんで、
ググって調べてみると

 

笑う感じの面白さは"funny(ファニー)"

興味をそそられる面白さは"interesting(インタレスティング)"

 

と発見して、
「ほぅ。『感じ』で違う言葉があるのかー」
と気付くのです。

 

一人で「へぇー」と楽しみながら

ちまちま書いてみて下さい♡

 

少し慣れたら「頻度」・「自分の気持ち」を書いていく

 

f:id:lily__365:20170929182734j:plain

 

慣れてきたら、
文字を沢山書くことを意識していきます。
でき事をなるべく細かく。

 

・・・とはいっても、
「どうやって?」と思いますね。

 

そこで2つ、あなたに提案させてください。

それは
「頻度」と「気持ち」を書いてみることです。

 

『頻度』

会話の中でも
"How often?(どれくらいの頻度?)"と聞かれます。

 

まずは単語レベルで、
頻度を表す単語を覚えてみませんか?

 

一度に全部「暗記」してほしくないので、あえてここでは単語を書きません。


別記事で「頻度系」を全部まとめてあるので、気になったら見てみてください。

参考程度に。 

lily365.hatenablog.com

 

 

『気持ち』

 

気持ちを表す表現って、けっこうあります。

 

外国人はいつも"How are you?"から会話を始めますから、
気分や気持ちって、会話でもよく使うんですね。

 

「疲れとんねん」

「元気やでぇ」

「ねんむぅー」

「腹ペコなんよ」

「おこ!」

 

日本語もそうですが、表現は本当に様々です。
さらに、「自分はどう思ったのか」という表現を付け加えていくと
文もどんどん長くなっていきます。

 

実際に書いてみるとこんな感じ。⇓⇓

 

f:id:lily__365:20170929171627p:plain

 

これだけはダメ!2つの「〇〇しない」

 

さて、割と自由な英文日記ですが。

2つだけ、やってはいけないことがあります。

 

①難しい単語を使おうとしない。

毎日使えそうな表現を探しましょう。

難しい単語を書くのはカッコイイですが、
それをいざ「会話で言ってみよう!」となると出てこないものです。

 

難しい単語」を1つ知っているよりも、
誰もが知っている「簡単な単語」を10知ってる方が会話はふくらみます。

 

f:id:lily__365:20170929183011j:plain

 

②正しく書こうとしない。

 学生時代、英語でつまづいたあなたへ。

「s」を付けるとか付けないとか、
「a」か「the」か・・・
過去形か過去完了形k((ry

 

これで嫌になった人、いますよね。


何も、文法をマル無視しろとは言いません。
でもある程度の間違いなんて、誰も気にしませんから。

 

会話でも
「ややっ!お前〜〜〜いま"a"がなかったぞーー!」
なんて言ってくる人はいません。

そもそも気付かない人すらいますw

 

完璧が気持ちいいのは分かります。
でも経験上、それをしていると
途中で苦しくなってしまいますから

とりあえず最初のうちは「書いてみるのが大事!」
・・・これで試してみませんか?

 

 

f:id:lily__365:20170929183126j:plain

おわりに

日本人の凄い所ですが、

とにかくみんな、字が書ける!

そして、文字も文法も全く違うのに、多少なりとも知ってる。

これはすごいことです。

 

エベレスト級のハイレベルな英語を喋る人を見て、

「自分には無理だ、できない」と思う必要はありません。

f:id:lily__365:20170929182740j:plain


 

喋れる人だって、喋れない時期があったはず。
まずは目の前の、自分ができることから始めてみて^^

 

読んでくださってありがとうございました♡

Lily♡

 

 

こんな記事もおすすめ
lily365.hatenablog.com

lily365.hatenablog.com

lily365.hatenablog.com